おすすめ邦楽01 GUNDOG

この記事は1分で読めます

おすすめ邦楽ラウドロック01
GUNDOG

Chair』収録曲『Chair』

・コメント
よくCDレビュー等でGUNDOGは和製リンキンパークであると書かれているのを目にしますが、私は全くの別物だと感じます。
GUNDOGの曲調は、ミドルテンポのへヴィロックだがメロディーラインはキレイ。
なので、日本でも有名なリンキンパークは比較対象として名前が挙がりやすいのでしょう。
ちなみに私はリンキンパークが大好きですよ(笑)。

GUNDOGの歌詞は全て英語歌詞。
英語歌詞で歌う他の日本人バンドと異なり、日本語英語ではなく完全にネイティブ。
それをボーカルのKが類稀なる歌唱力で歌い上げる。

楽曲のレベルは高く、アルバム『HUMANITY』ではオープニングとラストの曲で同一のメロディーラインを用いるなどして統一感のある仕上がりとなっています。

USへヴィロックの広大なアメリカの大地を彷彿させるような感じではなく、どこか日本人らしい繊細さと哀愁が漂う雰囲気が感じられる。
未だにへヴィーローテーションのお気に入りバンドです。
色んな邦楽ラウドロックバンドの中で一番好きかも。

アルバム1枚、シングル1枚で活動休止してしまったのは残念。

Beloved K, May your soul rest in peace.
We will always love you.

・メンバー
Vo.K (現Pay money To my Pain 2012年12月30日急逝 享年31歳)
Gt.MZK (現CONCEPTION COMPLEX)
Gt.智平
Ba.ATSUSHI(現ender)
Dr.YUSUKE

 ・作品(各作品の詳細はこちら↓)
アルバム
HUMANITY』(2003年)

シングル
Chair』(2004年)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

amazon

tower records