おすすめ邦楽07 Heavensdust

この記事は2分で読めます

おすすめ邦楽ラウドロック07
Heavensdust

The Ashes Still Warm』収録曲『Annihilation 』

・コメント
結成当初は3ピースでUSオルタナ・グランジ系のバンドでしたが、徐々にそのサウンドは進化し、メンバーチェンジを繰り返しながらも和太鼓、尺八、琴等の和楽器を取り入れることにより、独特かつ日本人にしか表現できないであろうサウンドを確立。

US育ちのVo/GtのShinが奏でるサウンドはUS的要素全開で洋楽色が強めですが、その中にも和の感覚が垣間見られます。
外国育ちの日本人だからこそ構築できる独特の音楽を体感できるバンド。
海外のインディーズチャートでは日本人バンドとしては善戦しているようですが、日本での知名度はあまり高くないようです。
邦画の映画音楽を手掛けたりと精力的に活動はしているようですが。
Deftones,Marilyn Manson,Slipknot,Kittie,Korn,Linkin Park等をUS配信系チャートで抜いたことがあるようです。

4th,5thアルバムではVo/Gt.ShinのUS時代の友人である女性ボーカル(小田一葉)が加入したツインボーカルスタイルで、かなりバンドとしては熟成された感がありましたが5thアルバム以降は脱退。
小田一葉加入時は、よく日本でも有名なエヴァネッセンスが比較対象としてあがっていました。

独自のスタイルで進化を続けるHeavensdustが、今後どのように更に進化していくか注目です。

・メンバー
Vo/Gt.Shin
Gt.5hiNo’
Ba.TOKI
Dr.KoREDS
尺八.Dai
和太鼓.KAI_SHiNE

・作品 (各作品の詳細はこちら↓)
アルバム
『Darkends』(2001年)

Seven Sins』(2003年)

Higher Than Heaven, Louder Than God』(2005年)

Without A Voice』(2007年)

Closure Leading The Way』(2008年)

To All The Things I’ve Lost』(2010年)

The Ashes Still Warm』(2013年)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

amazon

tower records