おすすめ邦楽05 Pay money To my Pain

この記事は2分で読めます

おすすめ邦楽ラウドロック05
Pay money To my Pain

Another day comes』収録曲『Another day comes』

・コメント
元GUNDOGのボーカルKが、メジャーシーンで活躍していたメンバーらと結成。
とにかくボーカルの歌唱力が際立っているバンド。

楽曲は力強く壮大なスケール感漂う曲から、ハードコア系の曲などジャンル分けできないほど多岐に渡る。
ハードコア系の曲であっても曲間には美しいメロディーが垣間見え、それをボーカルのKが歌い上げる。

楽曲が多岐に渡り、曲調によって好みは分かれると思いますが、1stアルバム『Another day comes』収録曲でオープニングナンバーの『Another day comes』は、洋楽でもなかなかこれほどの曲は見当たらないほど壮大なスケールを感じさせられ圧倒されます。
また、同アルバムのラストを飾る『Home』も秀逸。

BECKという日本人バンドが海外で活躍していく漫画がありますが、作品中に登場する『Devil’s Way』という曲が、私のイメージの中では勝手にこの『Home』になっています(笑)。
アルバム『after you wake up』の『Bury』もかなりおすすめで大好きな曲です。

シングル『Writing in the diary』の付属DVDにはライブ映像が収録されていますが、ボーカルKのカリスマ性と神憑り的なライブパフォーマンスを垣間見ることができます。

その後も精力的なライブ活動と音源をリリースしていきましたが、2012年12月30日にボーカルのKが急逝(享年31歳)。
邦楽ラウドロックシーンを牽引し、常に最先端かつ最上位に君臨していたPay money To my Pain。
Kの早すぎる死は残念でなりません。

Beloved K, May your soul rest in peace.
We will always love you.

・メンバー
Vo.K(後藤慶)
Gt.PABLO(澤村パブロ良明)
Ba.T$UYO$HI(石川剛)
Dr.ZAX(勘座仁)

・作品(各作品の詳細はこちら↓)
アルバム
Another day comes』(2007年)

after you wake up』(2009年)

Remember the name』(2011年)

Breakfast』(2012年)

gene』(2013年)

シングル
Drop of INK』(2006年)

Writing in the diary』(2007年)

Pictures』(2010年)

DVD
Pictures [DVD]』(2010年)

コンプリートボックスセット(限定生産)
Pay money To my Pain -S- (生産限定)』(2016年)

Pay money To my Pain -M- (生産限定)』(2016年)

Pay money To my Pain -L- (生産限定)』(2016年)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

amazon

tower records