おすすめ邦楽22 Fear, and Loathing in Las Vegas

この記事は1分で読めます

おすすめ邦楽ラウドロック22
Fear, and Loathing in Las Vegas

All That We Have Now』収録曲『Scream Hard as You Can』

・コメント
2008年神戸で結成。
邦楽はもちろん、洋楽でもあまりないようなカテゴライズ不能なバンドでそのサウンドは衝撃的。
若手邦楽バンドでこんな凄まじいサウンドを構築できるとは驚愕です。

エレクトロとスクリーモを基軸とし、ポップ・シャウト・ダンス・カオス等の要素を見事に昇華し、Fear, and Loathing in Las Vegas独自のスタイルを確立。

2011年7月発売のミニアルバム『NEXTREME』では、日本語歌詞の曲『Chase the Light!』やメロディックパンクな曲調の『Jump Around』等、1stアルバムの『Dance & Scream』とは異なる要素も取り入れられ、その振り幅の広さとジャンルにとらわれない自由な才能を発揮。

まだ若いバンドですが、そのずば抜けた才能からシーンの頂点に昇りつめます。

・メンバー
Vo.So
Vo/key.Minami
Gt.Sxun
Gt.Taiki
Ba.Kei
Dr.Tomonori

・作品(各作品の詳細はこちら↓)
アルバム
Dance & Scream』(2010年)

NEXTREME』(2011年)

All That We Have Now』(2012年)

Feeling of Unity』(2015年)

シングル
『Take Me Out!!/twilight』(2010年)

Just Awake』(2012年)

Rave-up tonight』(2014年)

Let Me Hear』(2015年)

Starburst』(2015年)

DVD
The Animals in Screen』(2013年)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

amazon

tower records