おすすめ邦楽18 DETROX

この記事は1分で読めます

おすすめ邦楽ラウドロック18
DETROX

THE END』収録曲『Dark and Light』

・コメント
ボーカルの栄喜はメジャーシーンで活躍していた元SIAM SHADEのボーカル。
『1/3の純情な感情』という大ヒット曲は誰もが一度は耳にしたことがあるはず。
SIAM SHADE解散後はソロ活動等を経て、DETROXを結成。
ギターのK-A-ZはTHE MAD CAPSULE MARKETSやサッズにも参加しています。

SIAM SHADEというと一般的にはビジュアル系のイメージが強いですが、実はツインボーカルでプログレ色の強い超実力派バンド。
未だに根強い人気を誇り、2010年にはトリビュートアルバムの発売がされるほど。

DETROXのサウンドスタイルは賛否両論のようですが、やはりボーカルの栄喜の声にはメジャーシーンで活躍していただけのことはあると納得させられます。
本物のプロです。
ある意味メジャーにもインディーズにも属さないスタイルのDETROX。

余談ですが、改めてSIAM SHADEを聞きなおしてみると、かなりレベルが高いことが伺えます。

(追記)
現在無期限活動休止状態。

・メンバー
Vo.栄喜
Gt.K-A-Z

・作品(各作品の詳細はこちら↓)
アルバム
THE END』(2007年)

detrox3』(2008年)

DETROX IV』(2010年)

DETROX V』(2011年)

シングル
Long Way Round』(2008年)

lonely』(2008年)

DVD
DETROX LIVE 10-9-4』(2010年)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

amazon

tower records