おすすめ邦楽14 HEAD PHONES PRESIDENT

この記事は2分で読めます

おすすめ邦楽ラウドロック14
HEAD PHONES PRESIDENT

Stand In The World』収録曲『Stand In The World』

・コメント
すでにアメリカ、ヨーロッパ、アジア、さらにはブラジルまでも海外での活躍の場を広げ、全世界規模で活動するHEAD PHONES PRESIDENT。

そのサウンドスタイルは、KORNを彷彿させるほどの怒涛のへヴィネスとグルーヴが渦巻き、女性ヴォーカルANZAがその綺麗な容姿からは想像できないほど、美しくも痛々しい程激しく歌い上げる。

ヴォーカルのきれいなお姉さんANZA(大山アンザ)は舞台女優としても活躍しており、桜っ子クラブさくら組の元メンバーでアイドル、芸能人として活動してたというのも現在の姿からするとちょっと驚き。
HEAD PHONES PRESIDENT結成前にソロ名義で何枚かCDをリリースしているようです。

ジャパニーズ・オルタナティブ・ラウドロックシーンの中でも異彩を放ち、HEAD PHONES PRESIDENTの名を浸透させ続けている。
シーンは徐々に確立しつつあり、日本でもこういう邦楽が普通に聞けるようになる日も近いかもしれない。
今後も引き続きワールドワイドな舞台での活躍を期待。

・メンバー
Vo.ANZA(大山アンザ)
Gt.HIRO
Ba.NARUMI
Dr.BATCH

・作品(各作品の詳細はこちら↓)
アルバム
id』(2002年)

VARY』(2003年)

vacancy』(2005年)

Folie a deux』(2007年)

PRODIGIUM』(2009年)

Stand In The World』(2012年)

Disillusion』(2014年)

シングル
escapism』(2000年)

Crap Head』(2001年)

『de ja dub』(2004年)

『WhitErRor』(2005年)

『PURGE THE WORLD』(2012年)※アメリカ限定版

DVD
『Toy’s box』(2006年)

PARALYSED BOX/LIVE at CLUB CITTA’』(2008年)

DELIRIUM』(2011年)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

amazon

tower records